身体の中の残便感改善【スルスルお腹でスッキリ】

美容

便秘の可能性もある

残便感のリスク

美容

便秘で悩む方は多いですが、毎日出ていても残便感がある場合病気の疑いがあるのです。 残便感で悩んでいるのは、女性が多いと言われています。排便していても便を出し切っていない感覚が 残る場合は便秘と言われています。その場合、直腸に実際に便が残っている場合と残っていなくても残っているような 感覚がある場合に分かれます。 りきんで排便する方は、りきむことで直腸に炎症が起こるのを便意と錯覚するときがありますから便が出ない場合はさっと切り上げると改善が見られます。 便秘でない残便感の場合は、大腸がんの可能性もありますので、念のため検査しておいたほうがいいと 思います。 また、ストレスや緊張などで自律神経が乱れがに腸に伝わり、残便感があり、過敏性腸症候群に掛かっているかもしれません。

その対策

便秘を治そうとして、刺激の強い下剤を長期間使用すると、腹痛が起こることがあるので乱用はやめて 生活習慣や食生活の改善をはかるようにします。 まず、便を柔らかくするために、水をとり腸の反応を起こすようにじ、また食物繊維をとることで 便が柔らかくし、量を増やします。さらに善玉菌の産生する乳酸や酢酸をとることで腸内環境をよくし 悪玉菌を押さえ免疫を活性化させます。 オリゴ糖をとることも善玉菌を増やし、腸内環境をよくします。 マグネシウムも脂肪の燃焼を促進する酵素として腸の働きがよくなります。 ビタミンCも便を柔らかくし腸のぜん動活動を活発にします。 いずれも長く続けることが大事です。また、便座を変えたり排便のとき少しすわりかたを変えただけ で排便が快調になることもあります。